転写スクリーン印刷技術の可能性を極める青木転写 転写技術または印刷用途から製品を探すことができます。プラモデル用デカール始めました。

「できないをできるに変える」転写・スクリーン印刷のことならどんなことでも当社にお任せください。

  1. 青木転写TOPページ
  2. 転写・印刷Q&A

転写・印刷Q&A


印刷・スクリーン印刷の分類

 印刷は使用する版の形態によって大きく次の4種類に分類することができます。

●凸版印刷法

この印刷法で使用する版は画線部が凸になっています。凸部にインキを付着させ、被印刷物にこれを圧着・転移させます(簡単に言えばはんこと同じです)。はがき・封筒・新聞等の印刷に使用されています。

●平版印刷法

平版印刷法では画線部が親油性、それ以外は親水性の平坦な版を使用します。親水性の部位には油性インキがつかないという性質を利用し、版の親油性部位にのみインキを付着させます。これを被印刷物へ転写させることで画像を形成します。代表例はオフセット印刷で、カレンダー・ポスター・折り込み広告等の印刷に使用されています。

●凹版印刷法

この印刷法で使用する版は画線部が凹になっています。版上にインキを展開し、かきとることで凹部(インキポケット)にインキを充填します。これを被印刷物へ圧着・転移させることで画像を形成します。

●孔版印刷法(スクリーン印刷)

孔版印刷法では画線部が穴になっている版を使用します。版上にインキを展開し、スキージ等で版の穴から反対側へインキを押し出すことで被印刷物に画像を形成します。代表例はスクリーン印刷ですが、この印刷法は他の印刷法に比べて

①印刷塗膜が非常に厚い 

②印刷圧が少ない

という特徴があるため、被印刷物を選ばず(せんべい等に印刷する例もあります)、堅牢な印刷皮膜が得られます。

 

前のページに戻る

はじめてのお客様へ
ようこそ青木転写
WEBサイトへ
当社は転写技術を駆使し、あらゆる可能性に挑戦し続けます。まずはどんなことでもご相談ください。
有機インクで作成した陶器と無機インクで作成した陶器の比較をご紹介します。