転写スクリーン印刷技術の可能性を極める青木転写 転写技術または印刷用途から製品を探すことができます。プラモデル用デカール始めました。

「できないをできるに変える」転写・スクリーン印刷のことならどんなことでも当社にお任せください。

  1. 青木転写TOPページ
  2. 転写・印刷Q&A

転写・印刷Q&A


「見る」ということ 光のスペクトルと錐体細胞

 私たちが普段見ているいわゆる可視光とは、人間の網膜に存在する3種類の錐体細胞が感応しうる特定の波長領域の電磁波です。

可視光の波長と色彩.jpg

 

 

 

 

 

錐体細胞には感応する波長領域が異なる3種類があり、それぞれ主として青、緑、赤の波長領域に感応します。それぞれの錐体細胞は、受けた電磁波のエネルギーを強さに応じた電気信号に変えて脳に送ります。脳はこの信号によって画像を知覚します。つまり、脳はこれら3種の細胞からの信号の増減ですべての色を知覚するため、逆に言えばこれらの細胞を効率的に刺激しうる波長の色さえあれば、それらの増減によりすべての色を脳に知覚させうるということです。そしてこれらの細胞を効率的に刺激する色が赤(R)、緑(G)、青(B)であり、光の3原色と言います。テレビや携帯電話の画面は、RGB3種類の小さな点を明滅することによってすべての可視光を再現しています。

 

前のページに戻る

はじめてのお客様へ
ようこそ青木転写
WEBサイトへ
当社は転写技術を駆使し、あらゆる可能性に挑戦し続けます。まずはどんなことでもご相談ください。
有機インクで作成した陶器と無機インクで作成した陶器の比較をご紹介します。